飲むだけで短期間でみるみる痩せると話題の「グリーンシェイパー」。

 

効果は期待できるようですが、その反面副作用や危険性がないのか気になりますよね。

 

こんなに痩せられる効果があるなら、副作用や危険性がありそうで使用したくないものです。

 

また、グリーンシェイパーは妊娠中や授乳中にも飲めるのか気になりますよね。

グリーンシェイパーの危険性は?

グリーンシェイパーの成分で体に危険を及ぼすような成分はないようです。

 

しかし、少し注意が必要なこともありました。

 

グリーンシェイパーにはHalf50という一般販売が禁止されている成分を販売許可を得て配合しています。

 

そのため、痩せることにとても期待ができるのですね。

 

しかし、このHalf50は痩せすぎてしまう危険性があるために一般販売が禁止となっています。

 

グリーンシェイパーの公式サイトでも記載されているように、過度に服用し続けると痩せすぎてしまう危険性があります。

 

なので、あまりにも痩せすぎてしわまわないように体重や体型はこまめにチェックすることが大事です。

 

あくまでも健康的な体型に戻すために使用して、目標体重に達したら服用を辞めて痩せすぎないようにしましょう。

 

グリンシェイパーの1日の摂取量は2粒までと記載されていますので、それ以上飲むのは絶対にやめましょう。

 

過剰に摂取したからといって効果が強まることはなく、逆に体の健康に悪影響を及ぼす可能性があるようです。

グリーンシェイパーを使用して副作用はあるのか?

グリーンシェイパーの成分は自然由来の物がほとんどで、副作用があるような成分はありません。

 

副作用がおこったなどの口コミも見つかりませんでした。

 

しかし、過剰摂取やどうしても体質に合わない、アレルギーがあるという方は注意が必要です。

 

過剰摂取は危険ですし、下痢などの症状が出る可能性が高まるので絶対にやめてください。

 

また、グリーンシェイパーなどのサプリメントに限らず、体質に合わないという方はいます。

 

もしもグリーンシェイパーを飲んで体調がおかしいと感じる場合は服用を中止しましょう。

 

そして、アレルギーをお持ちの方は成分をきちんと確認して飲んでください。

 

持病をお持ちの方なども心配でしたら医師に相談して使用することをおすすめします。

妊娠中に飲んでも大丈夫?

残念ですがグリーンシェイパーは妊娠中の服用はできません。

 

成分に問題もなく安全なのですが、妊娠中の急激な体重の減少は胎児に悪影響を与える危険性があるのでやめましょう。

 

また、授乳中の方も控えるべきです。

 

なぜなら母乳の素となる血液は母親の栄養や脂肪を元にしてつくられていますので、この時期に過度に体重を減らすことはおすすめできません。

 

体重が急激に減ると体内の血液濃度も薄くなり貧血気味になってしまうことがあるのです。

 

そうなってしまうと、うまく母乳に栄養が届かなくなってしまいかねません。

 

グリーンシェイパーはダイエット効果がとても高いため妊娠中、授乳中は赤ちゃんと母体の事を考えると控えるべきです。

 

産後に急激に太ってしまった方や、20kg以上減らしたい方など卒乳後体型が戻らない方におすすめなんですね。

グリーンシェイパーの使用で守るべきこと

グリーンシェイパーの使用で守るべきことは

 

  • 過剰摂取は絶対にしない
  • 1日2粒までにとどめる
  • 体質に合わないかたは服用を中止する
  • アレルギーや持病がある方は医師に相談する
  • 妊娠中、授乳中は使用しない
  • 使用する場合体重をこまめにチェックする

 

これらをきちんと守り使用していただければ、グリーンシェイパーには危険性や副作用はほぼないと言えるでしょう。

 

グリーンシェイパーを使用する前にきちんと目標体重を決めておくと痩せすぎてしまう心配もありませんね。

 

目標体重に達したら簡単に減るからと欲をかかずに、使用を中止してくださいね。

 

痩せすぎな体は不健康に見えますし女性であれば魅力が減少してしまいます。

 

健康的なボディを手に入れて自信がつくと、オシャレやメイクももっと楽しめるでしょう。

 

グリーンシェイパーの口コミはこちら>>

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!